Apple Watch

スマホなどに入っているバッテリーの膨張の危険性|イオンモールKYOTO 1F

ち運びが可能な端末がどんどん増えておりますが、昔ですと簡単に取り替えのできる『乾電池』が主流でした。

しかし、現代では『リチウムイオン電池』の登場によって、繰り返し充電が出来るようになりました。

 

ただ、そんな便利な物もあくまでも『消耗品』です。

 

 

もくじ

 

 

総務省登録修理業

 

総務省「登録修理業者」制度とは?

 

【最新版】修理店の選び方をまとめてみました!

【 iPhone修理】京都駅周辺でスマホの修理をするならどこが良い?【Android修理】

 

もくじへ戻る

 

■バッテリーの膨張について

 

冒頭でもお話ししましたが、今では持ち運びのできる端末は充電式となり、『リチウムイオン電池』が搭載されております。

iPhone、Androidなどのスマートフォンは勿論、iPadなどのタブレット、ノートパソコン、Nintendo Switchなどの携帯ゲーム機、スマートウォッチなどなど。

他にも多くの物たちが『リチウムイオン電池』を採用しています。

 

 

繰り返し充電ができる為、大変便利ですが消耗すると充電の減りが早くなってしまったり、電源が入らないなどの不具合が現れます。

 

そして今回のタイトルにもあるように『膨張』する恐れがあります。

 

海外では「爆発した」という事故も発生しておりますが、安全上『PSEマーク』というものが設けられており、国際規格基準を満たしているという証明になります。

更に日本では国際基準に加え、日本独自の技術基準がある為、より安全には配慮されているので急に「爆発する」といったことは起こらないとは思います。

 

ただ「膨張」は起こります。

 

そして膨張をそのままにしていると「発煙」「発火」に繋がります。

 

 

もくじへ戻る

 

■対処法について

 

 

ではバッテリーが膨張した場合、どうすれば良いのか?そしてどうやって見分かるのか?

 

まずバッテリーが膨張しているかの判断ですが、画面パーツや背面パネルが本体から剥離している場合は、バッテリーの膨張を疑った方が良いです。

剥離していないが本体が膨らんでいる場合も同じくバッテリーの膨張を疑いましょう。

 

 

そもそもバッテリーの膨張は、バッテリーの劣化によって起こります。

内部の化学変化によって酸化し、ガスが発生してしまいます。

 

スマートフォンなどに入っているバッテリーの寿命ですと「約2年」と言われており、これを越えて使用することはできますが、前述のように「充電の減りが早くなる」「電源が入らない」、そして「バッテリーが膨張した」などの不具合が発生します。

 

バッテリーが劣化してきたら、スマートクール イオンモールKYOTOへお気軽にご相談くださいませ!

iPhoneに限らず、様々な端末に対応可能です!

 

他にもこんな記事を書いています!

・ 受付から修理の流れを詳しく解説!

・「Lightningコネクタで液体が検出されました」って何?!

・ 恐怖!リンゴマークが繰り返される『リンゴループ』について

・ 背面ガラスの修理も当店なら出来ます!

・ iPhone以外の他機種の修理は何が出来るの?

 

もくじへ戻る

 

スマートクール イオンモールKYOTO店

 

 

京都駅から徒歩5分

イオンモールKYOTO 1F(10:00〜21:00)

 

▼修理対応機種

 iPhoneアイフォン)、iPadアイパッド)、iPodアイポッド)、Apple Watch(アップルウォッチ)などのApple製品。

Android(アンドロイド)、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)などもご対応可能です。

 

ご対応可能機種が続々追加中!!

 

ネットからのご予約はこちら☞  予約する

 

店舗名     スマートクール イオンモールKYOTO店


住所      〒601-8417 京都府京都市南区南区西九条鳥居口町1番地


電話番号    075-585-7533


営業時間    10:00~21:00


ホームページ  スマートクール イオンモールKYOTO店 公式HP


メール     info@smartcool-kyoto.com

 

 

もくじへ戻る

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。